モノイスト

WindowsとYouTuberのための特化サイト

【Windwows】Affinity PhotoでPhotoshopの自由変形をする方法

わたしがM1Macの環境に移行して一番大きな変化はPhotoshopをやめてAffinity Photoにしたことです。月々1,000円を払い続けるくらいなら7,000円の買い切りはとてもやすい。今回はAffinity Photoで自由に変形する方法です。

Photoshopとは自由変形が違うAffinity Photo

わたしがPhotoshopで主に使っていたのは、動画のサムネイルです。作成に必要な機能が全て揃っていたのでAffinity Photoに乗り換えていますが、自由変形が少しPhotoshopと違ったので戸惑いました。

 

例えばこのタイトルを自由変形したいとします。

タイトル

このタイトルの作り方はこちらの記事で解説しています。

monoist.work

 

「移動ツール」をクリックして自由変形したい文字(のレイヤー)をクリックします。

移動ツール

 

この「角」にある点をドラッグすれば大きさが変えられます。

ドラッグ

 

例えば「横」にある点をドラッグすると横の比率が変わります。

横ドラッグ

ラスタライズせずに自由変形できるAffinity Photo

Photoshopでもできるのか……今は検証することができませんが、本来自由変形をするならラスタライズが必要なはずです。もし無理な変形をしてみようとしてできなかったら、ラスタライズすればできるかもしれません。

 

「ラスタライズ」という聞き慣れない言葉は、画像編集アプリ共通の言葉です。今後Affinity Photoを使っていくなら重要な機能になってくるかもしれないので、ラスタライズも解説しておきます。

ラスタライズしたいレイヤーを右クリックして「ラスタライズ」を選択します。

ラスタライズ

 

すると「テキスト」だったレイヤーが「ピクセル」レイヤーに変更されます。

ピクセルレイヤー

 

これがラスタライズという機能です。

文字情報などを捨てて、単なる画像(=ピクセル)に変換します。それだけの機能ですが、Photoshopでは非常に使うことが多い機能です。なにか変形しようとすると「ライタライズが必要です」と怒られます。Affinity Photoの方が初心者に優しいのではないでしょうか。

 

ラスタライズがわかるようになってくると、レイヤーエフェクトをラスタライズして、もう一度レイヤーエフェクトを使ったりできます。

レイヤーエフェクト

レイヤーエフェクトはよく、YouTubeのサムネイルで使いますので、こちらの記事で解説しています。

monoist.work

 

iconicon

Affinity Photo

  • (Serif Europe Ltd)
  •  
Microsoft Store

Affinity Photo解説シリーズ

WindowsのAffinity Photoで「書き出し」ってどうするの?

WindowsのAffinity Photoで角ゴシックフォントを使う方法

Affinity PhotoでPhotoshopのレイヤー効果を使う方法

Affinity PhotoでPhotoshopの自由変形をする方法

Affinity Photoの切り抜きツールとPhotoshopの遠近法ワープを使う方法

Affinity PhotoでPhotoshopのコンテンツに応じた消去をする方法

Affinity Photoのカラーピッカーが独特だったので解説

Affinity Photoのペンツールの使い方と矢印の作り方

Affinity Photoでふわふわした動物を切り抜いて背景を白にする方法