Filmoraで一時停止するフリーズフレームの使い方と削除する方法【動画編集】

わたしはYouTubeの収益化を担当して今はVTuberのプロデュースをしています。この経験を通して、これからYouTubeやその他の動画を編集したい人に「Macを買ってFinalCutを使ってください」とはちょっと言えません。

ここではもっと安いFilmoraを使ってフリーズフレームを使う方法と削除する方法を解説していきます。

Filmoraで動画を一時停止するフリーズフレーム

この記事では動画にフリーズフレームを入れて、今からすることを解説したり自己ツッコミを入れたりという、よくある手法の使い方を解説していきます。

まずフリーズフレームの素材となる動画を編集画面にドラッグしてドロップします。

編集画面にドラッグ

「プロジェクト設定に一致するように変更しますか?」という確認画面が出る場合は、プロジェクトがちゃんと設定されていれば、プロジェクト設定を保持するで大丈夫です。プロジェクトの設定についてはこちらの記事を参考にしていください。

monoist.work

 

Filmoraで再生を一時停止するのは「フリーズフレームを追加」を使います。

動画の一時停止したい場所に再生位置を移動します。この例では一番最初です。再生位置を決めたら動画を右クリックして「フリーズフレームを追加」を選択します。

フリーズフレームを追加

 

このようにフリーズフレームが挿入されます。再生していても画面が止まって一時停止します。

フリーズフレーム

フリーズフレームの長さを調整する

このままではちょっとフリーズフレームが長いので短くしましょう。

フリーズフレームを実際に再生してみて、ちょうど良い長さで再生位置を止めて「ハサミ」のアイコンをクリックして分割します。

分割


次に、フリーズフレームと動画部分のつなぎめまで再生ヘッドをドラッグして、クリックで分割します。そして中間の無駄な部分を右クリックして「削除」します。

無駄な部分を削除

 

これでフリーズフレームのカットと残りの動画のカットに編集できました。

フリーズフレームと動画

 

 

Filmoraのフリーズフレームにテロップ字幕を打ち込む

フリーズフレームを入れる場面は、これから何を説明するのか、もしくはツッコミと言ったテロップと合わせて使います。このテロップを打っていきましょう。「タイトル>シンプルテキスト」の中に「ベーシック1」があるのでフリーズフレームの上にドロップします。

ベーシック1

 

そして先ほどフリーズフレームをカットしたように余分な部分をカットして削除します。

カットして削除



これでフリーズフレームの部分だけにテロップがつけられたので、テロップの内容を打ちます。今回はこれから何をするかみたいな説明を入れておきました。

テロップの内容

YouTuberっぽい字幕はこちらの記事で解説しているので参考にしてください。

monoist.work

 

これでフリーズフレームを使った説明からのムービー開始という動画が編集できました。プレビューで確認してみましょう。

プレビュー画面

 

わたしは特にフリーズフレームをYouTubeの終了画面で使うことが多いですね。

終了画面でフリーズフレームを使う方法はこちらの記事で解説しています。

monoist.work

Filmoraのフリーズフレームを削除する方法

フリーズフレームを入れたのはいいけどいまいちタイミングが悪い……。こういうことはよくあるので、フリーズフレームを削除する方法も解説します。

 

例えば、このように途中でフリーズフレームを入れたらタイミングが悪かった場合……。

フリーズフレームのタイミング

 

このフリーズフレームをカットして削除しても、残ったままになっています。

残ったフリーズフレーム

フリーズフレームを削除する方法:元に戻す

一番簡単な削除方法は編集メニューの「元に戻す(Ctrl+Z)」でフリーズフレームを挿入する前に戻せます。

元に戻す

 

編集がそれほど進んでいないシーンであれば、シーンを削除してしまって、メディアを再度タイムラインに読み込むことで元に戻せます。

再度タイムラインに読み込み

フリーズフレームを削除する方法:フレーム単位でカットしてつなぐ

しかし……もうかなり編集してしまって戻せないときの方が多いですよね。

その場合は「←」と「→」を使って1フレームづつ動かして、ぴったりフリーズフレームをカットすれば動画の部分だけ繋げることができます。

まずフリーズフレームの開始がどのフレームからなのか「←」キーと「→」キーで1フレームずつ動かして探って、2レーム動かしても動いていない部分がフリーズフレームの始まりなのでカットします。

フリーズフレームの始まり

フリーズフレームの終わりも同様に「←」「→」で1フレームずつ動かして、終わりのフレームでカットして、中間のフリーズフレームを削除します。

フリーズフレームを削除

 

これでフリーズフレームを削除できました。

プレビューで見てみて、カクカクしていなければ大丈夫です。

再生

慣れるまで難しいと思いますが、動画編集をずっとやっていると1フレームのずれたりしている編集がわかるようになってきます。「←」と「→」で1フレーム単位の動画編集はよく使うので覚えておくと役立つと思いますよ。

 

 

Wondershare Filmoraの使い方まとめ

このサイトの解説でFilmoraで動画編集できる自信がついてきたらぜひFilmoraを購入してYouTuberを目指してみましょう。

YouTube動画を作るFilmoraの使い方

YouTuberのようなカット編集をFilmoraで動画編集する使い方

FilmoraでYouTuberっぽいテロップ字幕を作る使い方

エフェクトとトランジションを使ってYouTubeの終了画面を作成する

Filmoraを使って動画編集したファイルをYouTubeにアップする方法

Filmoraでよく使うプロジェクトの設定と解説

WindowsのFilmoraでとてもよく使うおすすめショートカット

FilmoraでBGMなどの音楽を入れる方法とフェードアウトのやり方

Filmoraで画面の一部にモザイクをかける方法と動かす方法

Filmoraで一時停止するフリーズフレームの使い方と削除する方法

Filmoraで倍速やスローモーションの動画を編集する使い方

Filmoraでアニメーションするキーフレームの使い方

 

Windowsの場合、AmazonのFilmora公式ショップで1年間ライセンスを買うことができます。

Filmoraは1年間のライセンスが月額500円くらいです。動画業界で一番有名な動画編集アプリAdobe Premiereの1年間ライセンスが月額2,728円であることを考えても、わたしはFilmoraで動画編集することをおすすめします。

monoist.work