(実質)無料のAdobe Premiere Proを使ってみたので使い方を解説【動画編集】

わたしはFinal Cutを使ってYouTubeを収益化しましたが、動画編集の仕事をしようと思うとFinal Cutではなく業界標準のPremiereを使う必要があるかもしれません。現在、Adobeが無料体験をやっているので、せっかくなので使ってみようというレポートです。

Adobe Premiere Proが無料ってすごいけど……

最初に注意点があります。

Premiere Proが無料って、YouTuberが流行してから初めてのことだと思うのですが、実質無料です。初月の利用料がカードから引き落とされて、7日間以内に解約手続きをすれば、引き落とされた月額利用料が返金されます。ちょっとこれを無料というのはどうなのでしょう……。

 

でもせっかくなので使ってみましょう。

Adobeのページにアクセスして「無料で始める」を押します。

Adobeのページ

 

ここでPremiereの「始める」をクリックします。コンプリートプランが無料に見えますが、6,000円以上が請求された後に返金なのでおすすめしません……。

無料で始める

 

Premiereの無料体験のプラン選択になります。これも落とし穴です。この2,700円のプランは年間契約です。もし7日間以上使ってしまうと、2,700円が返金されないだけでなく、解約しようとすると違約金が発生します。安全のために月額プランにしておきましょう。

Premiereプラン

 

月額プランは3,800円です。しかし違約金はほぼ一年間分の28,000円くらい払うことになるので、絶対に月額プランにしておきましょう。わたしはPhotoshopの解約で違約金を払ったことがあるので……。本当にひどい……。

月額プラン

メールアドレスを入力すると認証コードが送られてくるので認証コードを入力します。

 

次の画面でやっと凶悪な無料体験の本性が明らかになります。無料なのにカード情報を入力しないと使えません。最初に言ったとおり、初月の請求はしっかりかかってカードから引き落としされます。無料って何なんでしょうね。

クレジットカード入力

 

ここまでくればあとは注意点は特にありません。「Creative Cloud」というアプリがインストールされて、そのアプリから自動的にPremiereがインストールされます。

Premiereインストール

特に問題なくインストールは完了します。

インストール完了

(実質)無料のPremiere Proを使ってみた

Premiereを開いて「新規プロジェクト」をクリックします。

新規プロジェクト

 

プロジェクトの設定になりますが、ほとんど意味がわかりませんね……。わたしのWindows機はRTX2060sが積んであるのでCUDAで高速処理できることはわかります。

プロジェクトの設定

 

Premiereが起動しますが、初期設定の画面では意味がわからなかった……ので、使いやすいようにカスタマイズする必要がありました……。

カスタマイズ

 

このタイムラインに動画をドラッグしてドロップすると動画編集ができるようになります。

タイムライン

 

さて、テロップを打ちたいのはどうしたらいいのか……としばらく悩みましたが……。

動画編集画面

 

ここにありましたね。このテキストツール、わたしがPhotoshopを使っていたわかるのであって、初心者にはわからないと思います。

テキストツール

 

テロップを打ってYouTuberっぽくするのはそんなに難しくないですね。

YouTuberのような字幕

 

カット編集するのは、このレーザーツールです。しかし、わたしがFinal Cutで収益化するほど使ったからわかるので……レーザーって言われてもわからないですよね……。

レーザーツール

 

カット編集もめんどくさいです。レーザーツールでカットしてから、選択ツールで消去する必要があります。

カット編集

 

ちなみに……。

このサイトで特におすすめしているFilmoraならショートカットでサクッとできます。

Filmoraのカット編集

倍速再生とかはしていません。

 

両方純粋に等倍速でカット編集しているので、効率がぜんぜん違うとわかっていただけるのではないかと……。

Premiereを使ってみて感じたのは、Filmoraという動画編集アプリは、MacのFinal CutとWindowsのPremiereの良いところをミックスしたようなアプリだということです。Filmoraは本当の意味の無料で動画編集を練習できるので、やはりこのサイトではFilmoraをおすすめしていきます。

monoist.work