【動画編集】Filmoraでアニメーションするキーフレームの使い方

わたしはYouTubeの収益化を担当して今はVTuberのプロデュースをしています。この経験を通して、これからYouTubeやその他の動画を編集したい人に「Macを買ってFinalCutを使ってください」とはちょっと言えません。

ここではもっと安いFilmoraを使ってアニメーションを使う方法を解説していきます。

動画編集のアニメーションとは?キーフレーム?

動画編集アプリのアニメーションとは、日本のアニメのようなものではありません。大きさや位置などをスムーズに変更することをアニメーションと呼びます。このときに出てくるのが「キーフレーム」という用語です。

 

キーフレームを理解するのはちょっと難しいのですが、この記事では「アニメーションの始まりと終わりを決めるのがキーフレーム」という使い方を解説しますので、まずはその使い方で覚えてください。だんだんとわかってくるようになりますよ。

Filmoraでキーフレームを打つ動画編集

ズームインするアニメーションを作ってみます。 

アニメーション開始のキーフレームを打ちます。開始の位置に再生ヘッドを移動させたら動画を右クリックして「アニメーションを追加」を選択します。

アニメーションを追加

 

 

この「+追加」ボタンをクリックするとアニメーション開始のキーフレームが打てます。タイムラインに追加される「●」がキーフレームのマークです。

キーフレーム

 

 

次にアニメーションの終了位置に再生ヘッドを移動させて「+追加」でキーフレームを打ちます。

キーフレームを追加

 

この位置で「スケール」を大きくする方へスライドさせるとズームインします。

ズームイン

 

ズームインを中央にするために、プレビュー画面をクリックして、画面をドラッグして動かします。

画面をドラッグして動かす

 

これでアニメーション開始のキーフレームと終了のキーフレームが打てました。「OK」をクリックすると元の編集画面に戻ります。

OK

 

ズームインするアニメーションをプレビュー画面でみてみましょう。

ズームイン

 

ちょっとアニメーションが遅いのでもう少し速くズームインするように調整します。キーフレームを左右にドラッグして間隔を短くすれば、アニメーションが速くなります。

キーフレームをドラッグ

 

もう一度プレビュー画面で見てみましょう。

プレビュー再生

勢いのあるズームインになったと思います。

わたしはHow-To系の動画でYouTubeチャンネルの収益化を担当したので、画面説明にズームインするアニメーションをよく使っていました。ほかにも注目して欲しいシーンでズームインを使うと効果的です。

 

アニメーションは止まっている画像素材を動かすこともできます。逆に、動いている動画を一時停止するのはフリーズフレームです。この解説もしているのでぜひ読んでみてください。

monoist.work

 

 

Wondershare Filmoraの使い方まとめ

このサイトの解説でFilmoraで動画編集できる自信がついてきたらぜひFilmoraを購入してYouTuberを目指してみましょう。

YouTube動画を作るFilmoraの使い方

YouTuberのようなカット編集をFilmoraで動画編集する使い方

FilmoraでYouTuberっぽいテロップ字幕を作る使い方

エフェクトとトランジションを使ってYouTubeの終了画面を作成する

Filmoraを使って動画編集したファイルをYouTubeにアップする方法

Filmoraでよく使うプロジェクトの設定と解説

WindowsのFilmoraでとてもよく使うおすすめショートカット

FilmoraでBGMなどの音楽を入れる方法とフェードアウトのやり方

Filmoraで画面の一部にモザイクをかける方法と動かす方法

Filmoraで一時停止するフリーズフレームの使い方と削除する方法

Filmoraで倍速やスローモーションの動画を編集する使い方

Filmoraでアニメーションするキーフレームの使い方

 

Windowsの場合、AmazonのFilmora公式ショップで1年間ライセンスを買うことができます。

Filmoraは1年間のライセンスが月額500円くらいです。動画業界で一番有名な動画編集アプリAdobe Premiereの1年間ライセンスが月額2,728円であることを考えても、わたしはFilmoraで動画編集することをおすすめします。

monoist.work