FilmoraでYouTuberっぽいテロップ字幕を作る使い方【Wondershare】

わたしはYouTubeの収益化を担当して今はVTuberのプロデュースをしています。この経験を通して、これからYouTubeやその他の動画を編集したい人に「Macを買ってFinalCutを使ってください」とはちょっと言えません。ここではもっと安いFilmoraを使って編集する方法を解説していきます。

YouTuberっぽいフォントをFilmoraで使う方法

こんな感じのテロップを作っていきます。

YouTuberのようなテロップ

 

多くのYouTuberは「ヒラギノ角ゴシック」というMacのフォントを使っているので、Macを使っている場合このフォントの「W8」を使えば大丈夫です。

 

Windowsだと「角ゴシック」がありません。その代わりにに使えるM+フォントという角ゴシックがおすすめです。この記事の解説で使っているので、M+フォントのExtra-Boldをダウンロードしてください。

リンクを開いて「Download」ボタンをクリックするとファイルがダウンロードされます。

Download

 

ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると、インストール画面になるのでインストールボタンをクリックするとフォントがインストールされます。

フォントインストール

 

フォントがインストールできたらFilmoraで使えるようになります。

FilmoraでYouTuberっぽいテロップ字幕を打つ

では実際にテロップを打っていきます。Filmoraを開いてプロジェクトの設定を「ワイドスクリーン」の「30fps」にします。やり方はこの記事を参考にしてください。

monoist.work

プロジェクトの初期設定ができたら「メディア>サンプル動画」から海をドラッグして、動画編集のタイムラインにドロップすると最初のカットを編集できるようになります。

 

次はテロップを配置します。

上の「タイトル」をクリックして「プレーンテキスト」をクリックします。「ベーシック1」をタイムラインにドロップします。

タイムラインにドロップ

プレーンテキストの「ベーシック1」が一番使いやすいテロップの素材です。動画の先頭と字幕の先頭を合わせておくのが配置のポイントです。

 

動画に重ねたテロップをダブルクリックして、テロップの内容を打ち込みます。

テロップを打ち込む

 

フォントの選択で先程インストールした「M PLUS 1 EXTRA BOLD」を選択して、「B」ボタンで太くします。Macの場合は「ヒラギノ角ゴシック」を選択して「W8」を選択します。

フォントの選択

 

次はこのテロップをYouTuberっぽくしていきます。

FilmoraでYouTuberっぽいテロップ字幕に装飾する

「高度編集」ボタンをクリックします。

高度編集ボタン

 

高度なテキスト編集画面になります。

この画面でフォントの大きさを「48」くらいにします。

フォントの大きさ

 

下にスクロールしたところにある「テキストの境界線」にチェックを入れて、色はブルーにします。

ブルーを選択

 

そして「サイズ」を太くするとYouTuberっぽいテロップになります。

サイズを太くする

ブルー以外でも濃いグレーやピンクなどにするとYouTuberっぽくなりますよ。「OK」をクリックすると字幕の装飾は完了です。

 

テロップを打った画面は「OK」をクリックすることで最初の編集画面に戻れます。

OK

 

毎回このようなYouTuberっぽいテロップを作っているととても時間がかかります。そのためカット編集ではコピーして再利用することで、効率的にYouTube動画を制作していきます。カット編集の解説もしているので参考にしてください。

monoist.work

 

 

Wondershare Filmoraの使い方まとめ

このサイトの解説でFilmoraで動画編集できる自信がついてきたらぜひFilmoraを購入してYouTuberを目指してみましょう。

YouTube動画を作るFilmoraの使い方

YouTuberのようなカット編集をFilmoraで動画編集する使い方

FilmoraでYouTuberっぽいテロップ字幕を作る使い方

エフェクトとトランジションを使ってYouTubeの終了画面を作成する

Filmoraを使って動画編集したファイルをYouTubeにアップする方法

Filmoraでよく使うプロジェクトの設定と解説

WindowsのFilmoraでとてもよく使うおすすめショートカット

FilmoraでBGMなどの音楽を入れる方法とフェードアウトのやり方

Filmoraで画面の一部にモザイクをかける方法と動かす方法

Filmoraで一時停止するフリーズフレームの使い方と削除する方法

Filmoraで倍速やスローモーションの動画を編集する使い方

Filmoraでアニメーションするキーフレームの使い方

 

Windowsの場合、AmazonのFilmora公式ショップで1年間ライセンスを買うことができます。

Filmoraは1年間のライセンスが月額500円くらいです。動画業界で一番有名な動画編集アプリAdobe Premiereの1年間ライセンスが月額2,728円であることを考えても、わたしはFilmoraで動画編集することをおすすめします。

monoist.work