Final Cutで動画の一部にモザイクをかける方法(とFilmora)

わたしはFinal CutとPhotoshopを使ってYouTubeを収益化しました。現在、AppleがFinal Cutの無料体験をしているようですね。めずらしい……わたしのときにもして欲しかった……。のですが、ここではFinal Cutでモザイクをかける動画編集を解説していきます。

Final Cutでモザイクをかける動画編集

「エフェクト>スタイライズ」の中にある「センサー」が日本で言うモザイクです。

センサー

 

モザイクを動画にかけます。

動画にモザイクをかける

 

モザイクの位置を合わせますが、これではモザイクが大きすぎるので……。

モザイクの位置

 

シェイプマスクをかけます。

シェイプマスク

 

シェイプマスクを四角にして位置を調整します。

四角にする

 

そしてシェイプマスクの大きさを合わせます。

シェイプマスクの大きさ

 

これでモザイクを動画の一部にかけられましたが、めちゃくちゃにめんどくさい……しかも……

動画の一部

モザイクの位置から外れるともちろん顔が見えてしまいます。

このモザイクを動かすにはアニメーションを使う必要がありますが、Final Cutではモーショントラッキングができないので、人間にモザイクをかけるのはほぼ不可能と言ってもいいでしょう。

Final CutではできないFilmoraのモザイク追加

Final Cutでモーショントラッキングするには別のアプリが必要になりますが、このサイトで紹介しているFilmoraなら最初からモーショントラッキングができるようになっていて、もちろんモザイクも動かすことも可能です。

 

Filmoraでモーショントラッキングを設定するのは、Final Cutでモザイクをかけるよりも簡単です。

ターゲットボックス

 

そしてモーショントラッキングの画面から、モザイクを追加できるようになっているのでわかりやすい……。

モザイクの追加

 

そしてモザイクの大きさを合わせると……。

位置と大きさ

 

これだけで人間の動きに合わせてモザイクが動くようになります。

モザイク

 

36,800円のFinal Cutにできないことが、定価でも10,000円くらいのFilmoraで出来るんです……。他にも、このサイトのアニメーションは全部Filmoraで作成していますが、これもFinal Cutではできません。Filmoraはいつでも無料で試せるので、どちらがいいかぜひ試してみてください。

filmora.wondershare.co.jp

 

Wondershare Filmoraの使い方まとめ

このサイトの解説でFilmoraで動画編集できる自信がついてきたらぜひFilmoraを購入してYouTuberを目指してみましょう。

YouTube動画を作るFilmoraの使い方

YouTuberのようなカット編集をFilmoraで動画編集する使い方

FilmoraでYouTuberっぽいテロップ字幕を作る使い方

エフェクトとトランジションを使ってYouTubeの終了画面を作成する

Filmoraを使って動画編集したファイルをYouTubeにアップする方法

Filmoraでよく使うプロジェクトの設定と解説

WindowsのFilmoraでとてもよく使うおすすめショートカット

FilmoraでBGMなどの音楽を入れる方法とフェードアウトのやり方

Filmoraで画面の一部にモザイクをかける方法と動かす方法

Filmoraで一時停止するフリーズフレームの使い方と削除する方法

Filmoraで倍速やスローモーションの動画を編集する使い方

Filmoraでアニメーションするキーフレームの使い方

 

Macには永続ライセンスしかないですがAmazonでよくセール価格が設定されています。

Final Cutの36,800円と比べると1/4の価格で購入することができますよ。