モノイスト

WindowsとYouTuberのための特化サイト

【Windows】Affinity Photoのペンツールの使い方と矢印の作り方

Photoshopにもペンツールがありますが、Affinity Photoのペンツールはとても使いやすくなっています。今回は、WindowsのAffinity Photoでペンツールを使う方法と、矢印の書き方を解説していきます。

Affinity Photoでペンツール使う方法

ツールのところにある「ペンツール」をクリックします。

ペンツール

 

今回は例として、「塗りつぶし」を、「境界線」をにします。

塗りつぶしと境界線

 

横線の部分をクリックするとメニューが表示されるので、線の太さを「スライダー」で決めます。

太さ

Affinity Photoで矢印を書く方法は?

このペンツールの太さを設定するメニューで、「終了」を矢印にすることで、矢印を書くことができるようになります。

矢印設定

Affinity Photoのペンツールで線を書いていく

ペンツールの設定のボタンで「スマートモード」にすると、直感的に曲線が書けるのでとても便利です。わたしの印象としては、Photoshopで書くよりも簡単に曲線を書くことができます。

スマートモード

 

このように曲線を曲げたい部分を順番にクリックしていくと、スムーズに曲線を書くことができます。先ほど「終了」を矢印に設定してたので「曲線の矢印」が書けています。

曲線の矢印

 

書いた曲線が見えないときは、線を太くしてみると見えてくると思います。

線を太く

 

ペンツールで選択されていてよく見えない場合は「ハンドツール」に切り替えればなにも選択されていない状態を確認することができます。

ハンドツール

Affinity Photoのノードツールでペンツールの曲線を調整する

書いた曲線を後から微調整してみましょう。

 

「ノード」ツールを選択します。「ペンツール」をクリックで長押しすると「ノードツール」が出てきます。

ノードツール

 

この矢印で示したところが「ノード」です。このノードを「ノードツール」で動かすことで、曲げる位置を微調整することができます。

ノード

 

ノードをクリックすると上下に出てくる青い点を「ノードツール」で動かすことで曲がり具合を調整することができます。

曲がり具合

 

微調整したら「ハンドツール」に切り替えてみると、なにも選択されていない状態を確認することができます。

ハンドツール

 

実は、ペンツールからノードツールに切り替えなくても、ペンツールのまま「Ctrl」などを使ってノードツールと同じことができます。ただし、わたしはPhotoshopを初めて使ったとき、この操作で挫折しました…。

ですので、慣れてきたらショートカットキーを使ってみるといいと思います。

 

iconicon

Affinity Photo

  • (Serif Europe Ltd)
  •  
Microsoft Store

Affinity Photo解説シリーズ

WindowsのAffinity Photoで「書き出し」ってどうするの?

WindowsのAffinity Photoで角ゴシックフォントを使う方法

Affinity PhotoでPhotoshopのレイヤー効果を使う方法

Affinity PhotoでPhotoshopの自由変形をする方法

Affinity Photoの切り抜きツールとPhotoshopの遠近法ワープを使う方法

Affinity PhotoでPhotoshopのコンテンツに応じた消去をする方法

Affinity Photoのカラーピッカーが独特だったので解説

Affinity Photoのペンツールの使い方と矢印の作り方

Affinity Photoでふわふわした動物を切り抜いて背景を白にする方法