Final Cutでスローモーションの動画編集をする方法(とFilmora)

わたしはFinal CutとPhotoshopを使ってYouTubeを収益化しました。現在、AppleがFinal Cutの無料体験をしているようですね。めずらしい…わたしのときにもして欲しかった……。のですが、ここではFinal Cutでスローモーションの動画を編集していく方法を解説していきます。

Final Cutでスローモーションの動画編集をする

この動画をスローモーションにしていきます。

動画編集画面

 

スローモーションの開始と終了の位置で動画をブレードします。

ブレード(Blade)は「Command+B」で動画を分割する操作です。

ブレード

ブレード(Blade)の「B」だから「Command+B」と覚えてしまいましょう。Final Cutを使うなら、このショートカットで全てのカット編集ができるくらいよく使うショートカットです。

 

次は分割した動画部分をクリックで選択して「Command+R」です。

クリックで選択

「R」は「リタイミング」のRですが……これも覚えるしかないですね。リタイミングというのはFinal Cut用語ですので覚えてしまって、「Command+R」はリタイミング、つまりタイミングを合わせるのに使うというイメージです。

 

スローにする操作は簡単です。

「Command+R」で出てきた緑の棒を、横に伸ばすと伸ばした分だけゆっくりになります。

横に伸ばす

 

これでスローモーションができました。

スローモーション

 

 

Final Cutとほぼ同じ操作のFilmoraでスローモーション

このサイトではFilmoraという動画編集アプリをおすすめしているので紹介させてください。

Filmoraは初心者に優しいアプリになっているので、このスローモーションをクリックと右クリックだけでできます。加えて……このサイトのアニメーションは全てFilmoraで作っていますが、Final Cutではできません。

 

まず「Command+B」のブレードですが、これはハサミのアイコンをクリックするだけで分割できます。

ハサミのアイコン

 

次に分割された動画の部分を右クリックして「スピードコントロールを表示」を選択します。

スピードコントロールを表示

 

出てきたスピードコントロールをクリックして「0.5X」を選択します。

0.5X

 

これでスローモーションの完成です。

スローモーション

Filmoraの操作がかんたんな理由……

なんでこんなに簡単なのか解説すると、「右クリック」はWindowsの操作なのでAppleとしては使えないんですよね。FilmoraはWindowsでもMacでも使えるアプリなので右クリックが使えるというわけです。

 

FilmoraはFinal CutをWindowsで使えるようにしたようなアプリですので、「Command+B」も同じように使える上に、クリックだけでもできるようになっています。Windows版もMac版も無料の評価版が使えるので、ぜひFinal Cutと比べてみてください。

filmora.wondershare.co.jp

 

 

Wondershare Filmoraの使い方まとめ

このサイトの解説でFilmoraで動画編集できる自信がついてきたらぜひFilmoraを購入してYouTuberを目指してみましょう。

YouTube動画を作るFilmoraの使い方

YouTuberのようなカット編集をFilmoraで動画編集する使い方

FilmoraでYouTuberっぽいテロップ字幕を作る使い方

エフェクトとトランジションを使ってYouTubeの終了画面を作成する

Filmoraを使って動画編集したファイルをYouTubeにアップする方法

Filmoraでよく使うプロジェクトの設定と解説

WindowsのFilmoraでとてもよく使うおすすめショートカット

FilmoraでBGMなどの音楽を入れる方法とフェードアウトのやり方

Filmoraで画面の一部にモザイクをかける方法と動かす方法

Filmoraで一時停止するフリーズフレームの使い方と削除する方法

Filmoraで倍速やスローモーションの動画を編集する使い方

Filmoraでアニメーションするキーフレームの使い方

 

Macには永続ライセンスしかないですがAmazonでよくセール価格が設定されています。

Final Cutの36,800円と比べると1/4くらいの価格で購入することができますよ。