Filmoraを使って動画編集したファイルをYouTubeにアップする方法【収益化】

わたしはYouTubeの収益化を担当して今はVTuberのプロデュースをしています。この経験を通して、これからYouTubeやその他の動画を編集したい人に「Macを買ってFinalCutを使ってください」とはちょっと言えません。

ここではもっと安いFilmoraを使ってYouTubeに公開する方法を解説していきます。

YouTubeの限定公開を使って動画編集の練習をする

YouTubeの限定公開であればURLを知っている人しか見ることができません。わたしはYouTubeのコンサルティングをするときに、限定公開でクライアントに動画で説明することがありますが、この限定公開がYouTubeの練習として使えます。

 

YouTubeで公開するにはある程度慣れておく必要があります。動画の形式やテロップのタイミング、カット編集のタイミングなど色々練習することがありますので、いきなり公開しなくても徐々に練習できると考えれば良い方法です。

monoist.work

限定公開であれば(とても気になると思いますが)Filmoraの無料版でも動画編集の練習ができます。Filmoraの無料版だとこのような透かしが入っています。しかし限定公開なら誰にも見られないので好きなだけ練習ができます。

Filmoraウォーターマーク

 

それよりもYouTubeの画面で見る作業がとても重要な作業ですので、もし限定公開のやり方を知っていればこの記事の後半を是非読んでおいてください。

Filmoraを使ってYouTubeで限定公開する方法

まずFilmoraを使って動画を書き出しします。「出力」メニューの「ビデオを作成する」をクリックします。

ビデオを作成する

 

無料版であれば「透かし付きで出力」をクリックします。

透かし付きで出力

 

この出力画面でプロジェクトの設定に問題なければ「出力」をクリックすると動画が書き出しできます。

プロジェクトの設定

プロジェクトの設定については、この記事で解説しているので参考にしてください。

monoist.work

 

次はYouTubeの自分のチャンネルで「YouTube Studio」を開きます。

YouTube Studio

 

「作成>動画のアップロード」を選択します。

動画のアップロード

 

この画面でどの動画をアップロードするか選択します。ファイルをドラッグしてこの画面にドロップするとアップロードするファイルを間違えないのでおすすめです。

アップロード動画

 

タイトルの入力など必須項目がありますが、限定公開なので何を入力しておいても大丈夫です。子供向けかどうかはとりあえず「いいえ」にしておきましょう。最後の画面まで全部「次へ」で大丈夫です。

全部次へ

 

最後のこの画面になったら「限定公開」を選択して「保存」を押します。

限定公開

 

アップロードしてすぐは見ることができませんが、限定公開であればこのように表示されます。誰も見ていないので安心ですね。

限定公開の状態

YouTubeの変換処理が終わると、このように自分の動画をYouTubeの画面でみることができます。

YouTubeの画面

自分の動画をYouTubeの画面でみることはとても重要な作業です。

なぜYouTubeの画面で見ることが重要なのか

もしあなたが日頃スマホでYouTubeを見ているならスマホでみてみましょう。パソコンでみているならパソコンで大丈夫です。日頃、YouTubeをみているのと同じ画面で自分の動画をみることで客観的に動画がいいか悪いかがわかるようになります。

 

自分の動画を制作して自分のパソコンだけで見ていては、視聴者の気持ちがわかりません。

視聴者の気持ちがわからないと、チャンネル登録者を増やすこともできません。

 

実際にYouTubeで自分の動画を見てみて、ちょっとイラっとするようであれば、その部分を修正して、またYouTubeで見てみましょう。

自分で観ておもしろいかどうかは、動画のジャンルによります。例えばわたしはHow-To系の動画でYouTubeの収益化を担当したのでおもしろいかどうかではなく、わかりやすいかどうかに着目していました。

 

どうやって視聴者に届けるのかという視点が持てるようになったら、YouTuberへの道のスタートが切れたと思っても大丈夫でしょう。YouTuberになるためにはいろいろなスキルが必要になってきます。まとめて解説しているのでぜひ読んでみてください。

monoist.work

Wondershare Filmoraの使い方まとめ

このサイトの解説でFilmoraで動画編集できる自信がついてきたらぜひFilmoraを購入してYouTuberを目指してみましょう。

YouTube動画を作るFilmoraの使い方

YouTuberのようなカット編集をFilmoraで動画編集する使い方

FilmoraでYouTuberっぽいテロップ字幕を作る使い方

エフェクトとトランジションを使ってYouTubeの終了画面を作成する

Filmoraを使って動画編集したファイルをYouTubeにアップする方法

Filmoraでよく使うプロジェクトの設定と解説

WindowsのFilmoraでとてもよく使うおすすめショートカット

FilmoraでBGMなどの音楽を入れる方法とフェードアウトのやり方

Filmoraで画面の一部にモザイクをかける方法と動かす方法

Filmoraで一時停止するフリーズフレームの使い方と削除する方法

Filmoraで倍速やスローモーションの動画を編集する使い方

Filmoraでアニメーションするキーフレームの使い方

 

Filmoraは1年間のライセンスが月額500円くらいです。Windowsで一番有名な動画編集アプリのAdobe Premiereが月額月額2,728円であることを考えても、わたしはFilmoraで動画編集することをおすすめします。