【違い】Affinity PhotoとAffinity Designerどちらを買えばいいのか?

わたしはAffinity Photoをメインで使っていますが、Affinity Designerも持っています。このふたつ、どちらを買えばいいのでしょうか?違いを解説していきます。

Affinity PhotoにできてDesignerにできないこと

Affinity PhotoをAdobe製品に例えるなら、Photoshop+Lightroomです。Affinity PhotoにはPhotoshopの主要機能とLightroomの現像機能があります。つまり月額1,000円のフォトグラファープランが一通り揃っていると考えていいのではないでしょうか。

 

わたしはLightroomをほとんど使っておらず、Photoshopをブログの画像とYouTubeのサムネイル作成に使っていました。

 

Affinity PhotoでできてDesignerでできないことはこの遠近法ワープです。

monoist.work

遠近法ワープを使うかどうかは微妙かもしれませんが、わたしがブログを書く際には、スマホで撮ってパースがおかししくなってしまった写真を遠近法ワープで直すことがよくあります。

 

それとこのコンテンツに応じた消去です。

monoist.work

YouTubeのサムネイルを作成する際に、動画のスクショの見栄えをよくするために、コンテンツに応じた消去で消すことがあります。ブログで解説記事を書く際には、画像からマウスカーソルを消すことがとても多い作業になっています。これが1クリックで出来るからこそAffinity Photoを使っています。

Affinity DesignerにできてPhotoにできないこと

Affinity DesinerはほとんどAdobeのIllustratorと同じです。もしイラストを書いたりするのであれば、Photoは必要ないでしょう。わたしはそもそもイラストが描けないので、Desinerはそれほど必要ありません。

 

この「ベクターブラシツール」がPhotoにはない機能です。

ベクターブラシツール

例えば液晶タブで書いた線をベクター画像として保存できるのは良く使う機能なのだと思います。

 

他にもこの「コーナーツール」などがAffinity Photoにはありません。

コーナーツール

 

 

図形の描画やペンツールは、DesignerにもPhotoにもあるので簡単な矢印などはどちらでも描画することができます。

図形の描画

 

このAffinityシリーズのペンツールがとても良くできています。Photoshopより圧倒的に簡単です。わたしはPhotoshopを使っていたときには、矢印を描くためだけに別のアプリを入れていたのですが、そのアプリが必要なくなって、Affinity Photoだけで全てのブログの画像を作成できるようになりました。

monoist.work

ブログの画像や動画のサムネイルであればAffinity Photo

そもそもイラストが書きたいのであれば、Affinity Designer一択なので悩む必要がないと思います。問題はその他の場合ですね。ブログの画像を作成したり、YouTube動画のサムネイルを作るのであれば、Affinity Photoで十分な機能があります。

 

もしLightroomをメインで使いたいとして、その代替としてAffinity Photoというのはおすすめできないところです。Lightroomのプリセットが使えないのはかなり厳しいでしょう。

 

その点、Photoshopの代替品と考えるとPSDファイルが読み込めるほどですので、互換性はかなり高くなります。PSDファイルを納品するような仕事には勧められませんが、Photoshopで出来ることはだいたいAffinity Photoでもできます。

 

Photoshopのプラグインまで使えるほどの互換性です。

Photoshopプラグイン

 

わたしは一通りの機能を試してみて、PhotoshopからAffinity Photoに乗り換えました。印刷物を制作するのは難しいですが、ブログの画像やYouTubeのサムネイルといったわたしの仕事で、不足している機能はありません。

 

 

Affinity Photo解説シリーズ

WindowsのAffinity Photoで「書き出し」ってどうするの?

WindowsのAffinity Photoで角ゴシックフォントを使う方法

Affinity PhotoでPhotoshopのレイヤー効果を使う方法

Affinity PhotoでPhotoshopの自由変形をする方法

Affinity Photoの切り抜きツールとPhotoshopの遠近法ワープを使う方法

Affinity PhotoでPhotoshopのコンテンツに応じた消去をする方法

Affinity Photoのペンツールの使い方と矢印の作り方

【Windows】Affinity Photoのカラーピッカーが独特だったので解説します

 

Photoshopは年間契約で13,000円がずっとかかって、途中で解約すると違約金が発生します。Affinity PhotoならYouTubeなどのサムネイルに必要な機能が全て使えて7,000円で買ってしまえば永久に使えるので、とてもお得なアプリになっています。

iconicon

Affinity Photo

  • (Serif Europe Ltd)
  •  
Microsoft Store